facebook 院内報
お気軽にお問い合わせください。0234-23-8166
title_image

消化器内科

消化器内科では、消化管(食道・胃・十二指腸・小腸・大腸・肛門)から肝臓、胆嚢、膵臓の疾患まで幅広く診療しております。

腹痛、食欲不振、胃痛、胸やけ、げっぷ、下腹部痛、下痢、便秘、血便、痔などお困りの症状がございましたら気兼ねなく受診して下さい。
レントゲン検査、腹部の超音波検査、上部内視鏡検査、全大腸内視鏡検査など、当院の検査設備は充実しております。 内視鏡には特に力をいれており、最新の内視鏡機器を完備し、精度の高い画像(NBI:Narrow Band Imaging 挟帯域光観察システム)により 精密診断をおこなっております。また検査時の苦痛軽減のため、経鼻内視鏡による検査も受けられますのでご希望の方はお知らせください。

肝疾患

肝疾患ではC型肝炎、B型肝炎の治療は新規経口薬による治療、特にC型肝炎では治癒をめざした治療を実践しています。
専門医による肝臓外来も開設しております。

  • 肝臓外来のお知らせ
  • 専門医による肝臓外来を月1回開設しております。
    担当は公立置賜病院の齋藤孝治医師です。予約制にしておりますので受診希望の方はお知らせください。

人間ドッグ・定期健診

また当院では人間ドックや職場の定期健診の二次精密検査も積極的におこなっております。
「胃のバリウム検査で影がある」「肝機能の数値が高かった」「便潜血反応が陽性」「胃がんリスク検診でピロリ感染と判定された」など 異常を指摘された方はご相談ください。受診の際には健診結果の書類をご持参下さい。

当院で扱うおもな病気

逆流性食道炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、急性胃炎、慢性胃炎、胃ポリープ、胃下垂、 機能性ディスペプシア(FD)、ヘリコバクター・ピロリ感染症、肝炎、脂肪肝、 肝硬変、非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)、胆石症、胆嚢ポリープ、 慢性膵炎、大腸ポリープ、クローン病、潰瘍性大腸炎、痔(いぼ痔、切れ痔、痔瘻)便秘症、下痢症、過敏性腸症候群(IBS)

ページトップ